2006年04月20日

竹島問題について

 今日のほとんどの新聞は一面に竹島問題を取り上げている。日本が調査船の派遣を予定していることに韓国政府が強く反発し、場合によっては拿捕すると声明した。韓国はすでに竹島を実効支配しており、日本の調査は国際法に違反しており不当である、との態度である。日本は竹島は日本領であり排他的経済水域の調査は当然である、との姿勢である。
 しかし歴史的経過を見ればわかるとおり、竹島問題は何も解決せず、すべて棚上げにされてきたのである。韓国は話し合いでは解決しないゆえに一方的に「支配」し、灯台やレーダーを設置、武装警備隊を常駐させたのである。つまり領土問題は竹島だけでなく、どこでも、いつでも、常に力と戦争が解決しているのである。ブルジョアジーや国家は領土は一寸たりとも譲歩しないのである。しかもそこに資源があり、利益がある限り、資本の法則が貫徹されるのである。最近ではイギリスのフォークランド紛争とその武力の講師をみればわかるとおりである。誠に貪欲である。
 ならば、どうすればよいのか。日本が本気で竹島は自国領だ、というのであれば自衛隊を送り、韓国と戦争をし、竹島を奪い取ってくる以外にないのだ。今の日本政府の態度は弱腰であり、6月21日からドイツで開かれる海底山脈や海溝の名称が議論される国際会議への牽制程度のものであり、本気ではない。韓国が実効支配しているように日本も本気なら戦って韓国を追い出し実行支配せよ、と言いたい。
 しかし、本来海洋や公海、資源や漁場は万人のものであり、人民のものであり、社会のものである。それを支配し、「私」しているものは帝国主義であり、国家である。ならば国家と権力がある限り、領土問題は根本的には解決しない。大衆と万人の国家、人民社会に転換する以外にないのだ。
 われわれは公海を人民の手に!漁場を漁民の手に!海洋資源を人民の手に! そして竹島を日本と韓国の民族と人民のものに!両国の平和のシンボルに!
 現在、日本や世界で起こっているすべての問題は、歴史の転換、国家の転換をもとめて激動している産物である。
 すべてを人民戦線へ。
posted by 日本人民戦線 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16804796

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。