2006年04月02日

民主党の混迷は時代認識の産物

前原の若さだとか、偽メールを安易に信じたとか、そんな個人的な、そんな低次元の問題ではない。現代社会が混迷し、小泉改革も失敗し、自民党も混迷する現代の時代の混迷と同じものである。つまりは保守政治の限界である。
時代をしっかりみつめ、それに応えるもののみが、現代の混迷を突破して、最後の勝利者となるのである。
posted by 日本人民戦線 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

民主党の画数を見ると・・・
Excerpt: 永田議員のメール問題で、前原代表まで辞めちゃいましたね。ちょっとは期待してたんですけど・・・、「民主党」の画数を見てみると、二大政党制なんて夢のまた夢ですね。してたんですけど・・・、「民主党」の画数を..
Weblog: 占い師不要のラクラク占い術
Tracked: 2006-04-03 23:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。